小説

林道に響く音

林道に響く音 とある田舎の林道。林とアスファルトの道路に日差しが差し込んでいた。林道には陽気な音楽が爆音で垂れ流されていた。道路の真ん中には若者が一人、音楽に合わせて縦に揺れていた。中年の通行人が通りかかったとき。若者は目を輝かせた。そして…

超漢列伝 金剛寺護

超漢列伝 金剛寺護 男の中の男、すなわち漢。金剛寺 護という男がいた。 幼少期より古本屋を営む家庭で育った彼は、大正の文学に影響を受けて、硬派な男に憧れるようになっていった。彼の求めるものは大正の硬派な男の生き様なのだ。その影響なのだろうか、…